第66回全国理容競技大会in山形

絆の継承 みちのくからの「ありがとう」未来へ受け継がれる技と魂 山形大会

牧野 泰洋選手が敢闘賞!

「絆の継承 みちのくからの「ありがとう」未来へ受け継がれる技と魂 山形大会」をスローガンに第66回全国理競技大会in山形が10月20日(月)に山形県の山形市総合スポーツセンターで開催されました。

松野宗樹選手団長が率いる富山県選手は第1部門桶谷 怜児選手、上埜 僚太選手、第2部門牧野 泰洋選手、第3部門亀岡 麻理乃選手の4名が大会に挑みました。その結果第2部門牧野 泰洋選手が敢闘賞(6位)に入賞、他選手も大健闘でした。近年全国大会では富山県の名前が呼ばれつづいています。トレーナー、関係者の皆さん大変ご苦労様でした。組合員の皆様、来年も期待しましょう。

第69回全国理容競技大会

第65回東海北陸理容競技大会

第70回 富山県理容競技大会開催 最優秀県...

第70回 富山県理容競技大会開催のお知らせ

ページの先頭へ戻る