県主催セミナー開催

10月15日(月)富山市の県民小劇場オルビスにおいて、富山県組合主催のセミナーが開催され約130人の組合員やその従業員が受講しました。

セミナーに先立ち梅島成元県教育部長から「講師の今までの経験に基づいて培った熱い思いを一人持ち時間30分に凝縮して皆さんにお伝えする。一人の講師から一つだけでもいいから今後のサロンの営業、人生のヒントにしてもらいたい」と挨拶をしました。

トップバッターの中島匡人氏は「心を動かすコミュニケーション術」と題して講演を行ない、お客様と楽しいコミニュケーションがとれるようになれば単価アップや再来店にきっとつながる。お客様との好感度を上げるには共通点を探り、記憶に残してもらうようにすること。また、我々は短時間でお客様の人生をも良くしてあげられる素晴らしい仕事であると話しました。

2番手の稲垣武臣氏は「最新、最旬トレンド情報&ヘアスタイル」と題して講演と技術を行ないました。今のトレンドを話し、「もの」より「こと」にお金を使う団塊ジュニア世代の消費が多いところにトレンドを引っ張る力がある。そしてサロン経営は苦手なことを頑張るより自店の強みを売ることに力を注ぐことが大事と強調。その後、メンズモデルを素早くカットして最新のヘアスタイルに仕上げました。

3番手の山岸聖典氏は「新規のお客様をつかむちょっとの工夫」と題して1年前に師匠から店を譲り受けオーナーになり、そこからのどのように自分のオリジナリティ出してきたかを紹介しました。看板やホームページのリニューアル。ポップの活用やイベントの発信。既存のお客様を第一に大事にして新規客を獲得することを心がけていると発表しました。

4番手の梧桐雄介氏は「必見!レザーカットのスゴ技」と題しメンズモデルに3種類のレザーでのカットを施しました。ハサミでは表現できない質感もレザーで簡単に作れることを強調し、レザーに限らず多種多様なツールを活用することで、お客様にも飽きさせず楽しんでもらえること。そして技術者もサロンワークが充実すると話しました。

大トリは前田克夫氏が務め、「未来年表から考えるこれからの理容」と題して講演し、われわれの仕事は人気商売、あの店へ行きたい、あの人にしてもらいたい思ってもらえるようSNSを活用してどんどん発信し、自分をアピールすべき。でないと理容業での今後の生き残りは厳しいと話しました。また、同氏の知人で最先端のサロン展開をしているところの映像の紹介もありました。

受講した方からは「新鮮かつ面白いセミナーだった」「講師の人となりがよくわかり楽しめて得るものもたくさんあった」との感想がありました。

BBエステセミナー開催

営業支援セミナー「理容業インバウンド対応」

チャンピオンセミナー開催

富山県理容組合主催セミナーのご案内

ページの先頭へ戻る